スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬いのと柔らかいの

H28.1.20(水)

昨日の朝ですが、圧力鍋でご飯を炊いていたとき、加熱時間終了間際になって、プスッという音と共に取っ手のところから蒸気が勢いよくブシューッと放出されました。

怖かったよ。
何せ相手は圧力鍋です。使い方を間違えた様々な事故も、あるにはありますからね。


圧力が全部なくなってから中を見たら、グツグツと煮えている玄米があります。(それは普通のこと)
ここから余熱と圧力で炊き上がるんだったのになぁ。

原因が全くわからず(ふたがちゃんと閉められてなかったのかしら?)と思い、もう一度キッチリと蓋を閉めてもう一度火にかけてみましたが(厳密には電気なので火じゃないけど)、突然の蒸気が出てくるっていうのはありませんでしたが、蒸気がスースー抜けてる感じがあって、全く炊けていませんでした。米は芯があって圧力が全くかかっていない感じ。

もう一台ある大きい圧力鍋で新しい玄米を炊いて(一晩水につけなくても、ちょっと長く加熱すれば普通に炊き上がります)、お弁当と朝ご飯は何とかなりましたか、3合のボソボソのご飯が残りました。


ネットで"水加減を間違えた"などで検索してみたら、「レンチンすればOK」「蒸かせばOK」「炊きなおせばOK」などありまして、一番楽そうなレンチンにしてみましたら、まぁ、私の相手は玄米なので、白米だったらネット情報で大丈夫でしょうが、全くボソボソのままでした(笑)

夜ご飯はちょうど汁気の多いおかずだったので、「ゴメン、汁かけて食べて(^_^;)」とお願いして、なんとかしてもらいました。

それでもまだ2回分くらいは残っています。


後からそのなべの蓋を分解して、様々な金具とゴムを洗ってみましたら、"異常圧力になった場合"の形態になってました。
たぶん、中の温度が高すぎて、蒸気が許容以上になったのだと思います。

一応そこは直しましたが、どうだう。使えるかな。
取っ手部分から蒸気が勢いよく出てきたこともあるので、その付近のゴムが劣化している可能性も捨て切れません。

悩むー。




それなのに。

今朝、別の圧力鍋で玄米を炊いていたら、無事に炊き上がったのですが、中を見てびっくり。
水加減を間違えてしまったので、おかゆさんまではいきませんが、病人が食べる柔らかご飯みたいになっていました。

あぁ、2合のお米に3合のお水・・・

朝とお弁当の分の2合炊きたかったけど、いつものように水を3合分入れてしまったようです・・・
実は炊く直前に、そんな思いが頭の隅をよぎったのですが・・・その直感は正しかったようです・・・

子供達はあまり柔らか過ぎるご飯は好きではないので(鍋の〆のおじやは苦手)、予告もせずに出したら、なんか朝からかわいそうだし。

ということで、また炊きなおしました。
お弁当のこともあるので炊き直す必要はあったのです。


ということで、芯が残る硬いご飯が2合分、柔らか過ぎるご飯が3合分(水が3合分だったので本体が膨れ上がっています)、一体どうすればいいのやら・・・


とりあえず、今日の夜ご飯は硬いご飯を使ってチャーハン的なものにするつもりですけど、残りがねぇ(^_^;)



もったいないので、なんとか消費してみます。

上の子がチーズが苦手なので、ドリアにもリゾットにもできないので、ちょっと面倒なのよね。
パエリア的なものも作ったことないし。(そもそも魚介ものはお高いからちょっと)
2人ともおじやもニガテだしさー
んー
ちょっと工夫してみよう。


やっぱり柔らかご飯はおじや系しかないかなー(>消費は私)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お早うございます

最近とても寒いですね!
新年から仕事が忙しくてのんびりする時間がない…

俺も玄米は圧力炊飯器で炊いてます。発芽させてからですが。でも冬は寒いからなかなか発芽しなくて。
玄米だと、おなかの調子がよくなりますよね

Re: タイトルなし

こんばんは。

寒いですねー!

玄米の発芽、私はよくわからなくて、1晩しかつけていません。
冬でも室温が22℃くらいなので、ま・いいやと適当です。
緊急事態にはそのまますぐ・・・

圧力鍋だと柔らかく炊けますよねー。
タイマーが使えないのがツラいです。
プロフィール

藤宮燈子

Author:藤宮燈子
高3男子と中3女子のハハです。
仕事より子育てに真剣です。が、私が真剣になると必ずミスるのは昔からの癖です。
ということで、何事も真面目にホドホドに、がんばっております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。