スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃料調整費

H28.2.7(日)②

我が家はオール電化。
主な燃料の供給源を電気一本にしています。

家を建てるにあたって冬の暖房に灯油をメインに使うのはためらいがありました。
なにせ石油は化石燃料。
限りがあるのはわかっています。
1L38円とか、そんな夢みたいな時代は戻ってきません。

そんなわけで、電気ならその時の一番安い燃料を使って発電するでしょうから、結果として安くなるんじゃないかと考えていました。ま、停電のリスクもありますけどね。そこは心配していたらキリがないし、どうしようもないのよ。

で、電気を選んだわけですが、やっぱり年々経費が上がります。
去年は初の1か月4万5千円越えにもなりました。ひー!!
使用量は減ってる(節約した)のに料金は値上がり。もうどうしようもありません。
それでも灯油を使うよりはいいんですよ・・・

寒冷地はそういう意味では不利よね。
いくら厚着をしても毛布を何枚かぶっても燃料費は絶対にかかるし、これはある程度まで節約したら、あとはもう死ぬしかないという代物。

今年は少し前から原油がだぶついていて、灯油やガソリンの価格が結構下がっています。
我が家は電気しか使わないし、ガソリンも2か月に1回くらいしか給油しないので、しかも軽だし、そんなに恩恵を受けているわけではありませんでした。

ふーん。

くらいな感じ。


でもね、冬の寒さが本格的になってから、去年は目玉が飛び出た4万5千円越えでしたが、今年はそんなでもない。
節約(寒さを我慢)も去年程度にしかしていないのに。
へんなのー?
と思っていたら、明細をよく見たらわかりました。

燃料調整費が今月はマイナス3,000円くらいでした。
去年の同じ時期の燃料調整費はプラス6,000円くらいですので、去年と今年の燃料調整費の差額は9,000円くらいなんです。


え!?
はーーーーーー?
9,000円/月ーーーー!?

※本当はトータルリコールの各種目玉が飛び出てる画像にしようかと思ったけど、なんか無理な人もいるかもしれないと思ってやめました。(こんな感じの)


どおりで今年は電気代が安いと思ったわ・・・
※毎年冬は電気代のせいで赤字になるので、源泉徴収の還付がないとヤバイくらいでした。ちなみに源泉徴収は全額還付になっています。

確認してみると、去年は燃料調整費が毎月6,000円程度のプラスで計上されていました。
その前は3,000円程度ね。年々上がってたのね。

明細をじっくり見ることはなかったので全く気が付きませんでしたが・・・

原油安の影響はバッチリ還元されていたのね。
知らなかった・・・
ガソリンだけが安くなってるだけじゃなかったのね・・・

算出方法が面倒なので、画面を見ただけでスルーしてしまいましたが、なんかそれなりにやってるんだというのはわかりました。(ちゃんとわかってないな)(東北電力の燃料調整費についてはこちらにあります)


電気だって何かしらの資源から生み出されるわけで、資源には限りがあるわけで、それを使うとなるとそれなりに払わないといけないわけで、私ができることといえば「安いといいなー」というお祈りだけですけど。

ちょっと9,000円の差額にびっくりしました。という話でした。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤宮燈子

Author:藤宮燈子
高3男子と中3女子のハハです。
仕事より子育てに真剣です。が、私が真剣になると必ずミスるのは昔からの癖です。
ということで、何事も真面目にホドホドに、がんばっております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。