スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミントン②

H28.2.11(木)

昨日は「ラミントンを作ります(^^)」というところでした。

今日はラミントンを作りました。もちろん、簡単バージョンね。

昨日の日記にもありますが、ラミントンはオーストラリアのお菓子。
簡単に言うと、スポンジにチョコ的なものをコーティングして、ココナツをまぶした甘いお菓子です。(ラミントンについての詳しくはこちら。ウィキです)

美味しくできました~(^^)


【材料】
スポンジ ・・・市販 6号サイズのもの
 ※作る人数の都合でこの半分で十分でした。

上記スポンジ(6号サイズの半分)に使ったチョコフィリング
砂糖   ・・・200g
ココア  ・・・大さじ3
牛乳   ・・・大さじ5 ※これは砂糖とココアの組み合わせで、モッタリしていたら濃度を薄めるためにチョイ足す感じで。
ココナツ ・・・適量(市販の大袋1つ)
 ※ココナツが苦手な子のためにスライスアーモンドを1袋買い、適当に砕いて作りました。分量は適当。


① 準備しておきます。
 ○スポンジはいい感じの大きさにカット。
 ○ココナツは細かくする。
  ※ココナツの隣は砕いたスライスアーモンドです。
 ○チョコフィリングは砂糖・ココア・牛乳を湯煎しました。(固まってきたら適宜湯煎して柔らかくする)
attachment1807.jpg

② スポンジをチョコフィリングにドボン。
 フォークとスプーンを使ってチョコまみれにしています。
attachment1808.jpg
オーストラリアのママはフォークを使っていたそうです。
チョコまみれのあとはフォークに乗せて余分なチョコを落とします。

チョコフィリングが固まってきた感じがしたら、湯煎してみてください。
チョコフィリングの量が少なくなってきて砂糖がメインでジャリジャリ感が増したら、「チョコフィリング」を追加で作ってください。


③ チョコまみれスポンジをココナツにダイブ。
 まんべんなくココナツまみれにします。
attachment1809.jpg

まんべんなくココナツをまぶしています。(2回目)
attachment1810.jpg


④ 完成。
 こんな感じになりました。
attachment1811.jpg
ココナツ、もっと細かく砕いてもよかったかも。
でも、下の子が「このくらいかなあ。あんまり細かくてもダメだから。」とオーストラリアのママ直伝のこだわりを見せたもんで。

上記で手順は終了ですが、スポンジ・チョコフィリング・ココナツをなじませるために冷蔵庫でしばらく休ませました。

ラッピングするとこんな感じ。

attachment001812.jpg attachment1813.jpg
ラッピングはいつも近所の100均で準備しますが、それなりにかわいく見えますよ。なにせ手作りですから、いいんです。


下の子は今日は休日なので友達に「カラオケに行こう!!」と誘われたそうですが、ラミントンづくりのために断ったんだそうで。エライ気合が入っていたね(笑)

でも、味見をしてみたらすごくおいしくできていたので、それに「あぁ!!こんな感じ!」と満足の出来だったみたいで、嬉しそうでした。

ココナツが苦手な子用にアーモンドで作った「アミントン」(勝手に命名「ア」ーモンドだから)も、当然美味しくできたので、きっと気に入ってくれると思います。(材料からして美味しくないわけがない)
渡す時が楽しみだね~

今日は一足早いバレンタインということで、実家の母にもラミントンを届けに行ってきます。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤宮燈子

Author:藤宮燈子
高3男子と中3女子のハハです。
仕事より子育てに真剣です。が、私が真剣になると必ずミスるのは昔からの癖です。
ということで、何事も真面目にホドホドに、がんばっております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。