スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歳の華麗なる冒険

H28.5.3(火)②

Hundraåringen01

【あらすじ】
 老人ホームで100歳の誕生日を迎えたアランだったが、何を思ったか窓から脱出して当てのない旅に出る。その道中、ひょんなことからギャングの黒い金が詰まったスーツケースを持ち逃げして追われる身に。それでも、まるで動じる様子のないアランは、途中で知り合った70歳の老人ユーリウスと意気投合、飄々と酒を酌み交わす。そんな恐れ知らずの超マイペース老人アランだったが、それもそのはず、彼はその100年にわたる人生の中で幾多の歴史的節目に立ち会い、フランコ将軍やスターリンはじめ何人もの歴史上の要人と親交を持ってきた、知られざる20世紀の大人物だったのだ。


右は100歳のおじいちゃんが老人ホームの窓から「よいしょっ」と出るところ。
ここからどんな「華麗」な冒険が始まるのかと思いましたが、その冒険は「華麗」というよりも脱力系のユニークなもの。
ギャングに追われつつ、それを絶妙なタイミングでかわしながら、おじいちゃんの人生を振り返りつつ、話は進んでいきます。

Hundraåringen08  
日本の映画ですと、冒頭のふんわりほんわかバージョンですが、この写真だと、かなりイメージ違いますよね。
制作がスウェーデンなので、切り口が違うのかしら。

確かに、幼い頃にダイナマイトに目覚めて以来の爆破狂(飽きて止める時期あり)だなんて、文字通り気狂いじみてるわ。
それが原因で精神病院送りで数年過ごし、去勢後に退院。
Hundraåringen04 
戦争に行くのは爆破できるから、っていうのもなんかすごい理由。
おまけにアル中気味。(酒好き)

100歳でおじいちゃんでモガモガしてるから可愛い、だなんて思い込むと、とんだブラックに直面します。


主人公の100歳のおじいちゃん、アランを演じるのはロバート・グスタフソン。スウェーデンでは有名なコメディ俳優さんだそうです。
演じ分けがすごい。
Hundraåringen06 
おじいちゃんの過去を振り返りながら話が進むので、様々な年代のアランが出るのですが、この特殊メイク、あんまり違和感ないんですよ。


Hundraåringen03 
Hundraåringen07
おじいちゃんと出会って、かなり人生がゆがんだ左2人と、グニラ。
まぁ、絶対におじいちゃんと出会った後の方が楽しい人生でしょう(笑)


Hundraåringen05 
あんたが言うのか・・・
確かにそうなんだけど・・・

と、思いましたねぇ


ちょっと癖になりそうで好き(笑)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤宮燈子

Author:藤宮燈子
高3男子と中3女子のハハです。
仕事より子育てに真剣です。が、私が真剣になると必ずミスるのは昔からの癖です。
ということで、何事も真面目にホドホドに、がんばっております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。